DiAяу

2020年2月3日(月)。
【誘拐された少年を救い、斧を所持していた犯人に木の棒で立ち向かった男性→犯人を殴り殺し懲役15年の可能性…】
事件は、ロシア・バシコルトスタン共和国のウファ市にあるアパートで起きた。

ウラジミール・サンキンという33歳の自動車整備士の男が一室から漏れてくる子供の泣き声を偶然耳にしたのが発端だった。

聞き耳を立ててみると、子供は「ここから出して、誰か助けて」と言って泣いている。

事件性を疑ったサンキンはその部屋の家主と対峙し、泣いている子供を救出すると決意した。部屋の主はウラジミール・ザイツェフという54歳の男で、監禁されていた少年は2名。

14歳の少年を斧で脅しながら「裸になれ」と命じていたところだった。

未成年者への性的いたずらが目的の誘拐事件だと確信したサンキンはただちに通報。続いてザイツェフを部屋の外に引っ張り出すと、そこにあった木の棒で警察官が到着するまで叩き続けた。

ザイツェフは後に死亡。これが行き過ぎた暴力による過失致死事件とみなされ、サンキンは起訴されることに。

倒れた際に頭に致命傷を負った可能性も指摘されたが、裁判で有罪判決が下ればサンキンには懲役15年の実刑判決が言い渡される可能性が高い。

■「彼はヒーロー」と数万人が署名
ロシアでは今、「善意のサンキンはヒーローとして扱うべきだ」として、彼の無罪を訴える運動が広がりをみせている。オンライン請願書にはすでに数万人が署名している模様だ。

2/3^12:06
[WRITEセ]
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++