境界線上のホライゾン

境界線上のホライゾン


SF+人情劇+なんちゃって時代劇+コメディーといった各種要素を撚り合わせた、複雑怪奇で奇想天外な世界観を持つハチャメチャ系の、超難解作品である。著者による架空世界「都市世界」における「GENESIS」時代を取り扱った作品である。電撃文庫MAGAZINEに設定資料や序章が先行して掲載された。本作品の設定資料はA4で780ページに及ぶ膨大なものである旨がI巻<上>の作者紹介に明記されている。

また他の電撃文庫発行のライトノベルと比較して単行本が非常に厚く、その分厚さから「鈍器」と呼ばれることもある。II巻<下>は全1154ページとなり著者による電撃文庫最厚記録(終わりのクロニクル7巻)を更新した。

2011年2月にテレビアニメ化することが発表され、同年10月から12月まで放送された。「オールナイト上映会〜きみとあさまで〜」にて、2012年夏より第2期が放送されることが発表され、2012年7月から放送中。

電撃文庫MAGAZINE Vol.26では、プレイステーション・ポータブル用のゲーム化が発表された。

  • アニメ・漫画情報局
  • 速報
  • アニメ動画ログ
  • ニュース
  • ニコ動パーク


  • w友達に教えるw
    [ホムペ作成][新着記事]
    [編集]

    無料ホームページ作成は@peps!
    無料ホムペ素材も超充実ァ